結婚式に授乳中で出席する際に悩む服装選びで後悔した体験談

授乳中に友人の結婚式に出席することとなった、みさっちゃんさん。

彼女にとってこれがはじめての結婚式ともあって、服装選びには非常に悩んだみたいですね。

授乳中の体型をカバーしつつも長く着れる服装も重視したい。

あまりに考えすぎて、逆に後悔が残ってしまったようです。

同じ状況のあなたには必見ですので、ぜひじっくりご覧下さいね!

  • お名前:みさっちゃん(女性・20代・専業主婦)
  • お住い:広島県呉市
  • 結婚式に参加された日:2015年12月19日
  • 新郎または新婦との関係:友人として出席
  • 悩み:髪型・服装・コーデのセレクトやマナー

スポンサーリンク

初めて結婚式に出席。しかも授乳期の服装選びが大変だった

友人の結婚式に出席するのは初めてのことで、どのような服装で行くのかすごく悩みました。

パーティードレスを取り扱っているお店に行き、ひとまず自分で一通り見てみましたが、組み合わせがよく分からなかったので店員さんに相談しました。

授乳期でしたので、胸が強調されないものを選ぼうとすると限られてしまったので、着たいものが着られないということもあって困りました。

幸いあまり胸の部分が目立たないデザインものがありましたので、それを試着してみてワンピースを決めました。

次に羽織り物を決めることになり、自分のイメージとしてはストールを羽織る形で十分かなと思っていましたが、

ジャケットの方がかっちりしてこれからも何か子どもの行事の時に着られるかもしれないし、持っておいて損はない

と思いましたのでジャケットに決めました。

インターネットで事前にドレスのデザインを見ていても、実際のものは結構派手に見えて驚いたことが印象に残っています。

ちょっと高くても自分好みのドレスを購入して!

パーティードレスが掲載されている「フラクサス」のオンラインショップのサイトを見て、どのようなデザインがあるのかや色を見たりしていました。

これがいいと思ったものは3万近くするものもあったので、1万円程度に収めたいと思っていた自分は驚きました。

実際に店舗で見てみると、やはりかわいいと思えるものは3万円くらいでしたので、1万5千円程のシンプルなものに決めました。

靴や鞄も揃えなければならないとなると、ドレスばかりにお金がかかると合計で5万円は超えると思います。

ご祝儀も用意しなければいけないことを考えると厳しいものがありますが、

パーティードレスは結婚式くらいでしか着る機会がないので、

自分でこれがいいとピンときたものにすればよかったな

と後悔しています…。

これから結婚式に出席するにあたってドレスを購入する方は、

自分の好きな色・デザインのものを実店舗でもオンラインショップでも探し求めてから

ちゃんと決定したほうがいいと私は思いました。

スポンサーリンク

前日の準備は見られる箇所を徹底的に処理しましょう!

前日の準備としては、腕や足の毛の処理をしっかりしておくことをおすすめします。

特に冬だと長袖だったりタイツを履いていたりして処理がおろそかになりがち。

忘れそうになることもあるので気をつけておいた方がいいと思います。

写真も当日たくさん撮ると思うので、しっかりムダ毛は処理してください!

当日のヘアセットも決して妥協しないことです

当日はヘアセットを美容室でお願いする方が多いと思います。

どのようなセットにするのか事前に調べるのは当たり前ですが、セットをしてもらって最後に後ろを鏡で見せてもらった時に、

少しでも気に入らないところがあれば遠慮せずに言うべき

と痛感しました。

自分の場合は、セットの形自体は気に入っていたのですが、えりあしの部分がフワッとしていて、時間が経ったら髪が落ちてくるんじゃないかと感じました。

でもスプレーもしていたし大丈夫だろうと思っていたのですが、

案の定会場で髪を確認してみると、ピンが緩んでいました。

せっかくのお祝いの場なのに髪ばかり気にしてしまうことになるので、しっかり確認はしてください。

スタンダードだけど思いのこもった結婚式に感動しました

当日の式は、バージンロードを歩く前に、出入り口からスクリーンが下りてきてバージンロードを一緒に歩く父親に対してのお礼のムービーが流れて、これはいいなと思いました。

新婦と父親が一緒に写っている写真と一緒に、メッセージも流れていて、

「私が初めてしゃべった言葉覚えてる?何言ってるか分からなかったと思うけど、あれ、お父さんって言ってたんだよ」

というメッセージが流れた時は、グッときてまだ新婦が登場していないのに涙が出ました。

披露宴の前に待っている広場のような場所には、壁に今までの思い出の写真がたくさん貼られていて、自分自身も友人との思い出に浸ることが出来ました。

ゲストを飽きさせない工夫がされているなと思った結婚式でした。

また、披露宴での食事で、最後のデザートはバイキング形式になっていて、普段食べられないものがたくさん食べられたのも良かったですね。

最後の最後までゲストを楽しませる内容になっているなと驚きました。


【当サイト内にある髪型・服装・コーデの記事もご参考ください!】

「髪型・服装・コーデのマナー」の記事一覧

結婚式に出席する際のドレス選びは誰しも悩むものですが、

女性の場合、その時々で気になる部分は違うもの。

確かに安い買い物ではないだけに、少しでも長く着れることを考えることも必要ですが、

あなたが今、着たい服

根本的には、この考え方を第一優先とした方がいいことが今回の体験談を通じてお分かり頂けたと思います。

ぜひ、後悔のないようなドレス選びをしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事に関してあなたの声をお聞かせください(ハンドルネーム可)

CAPTCHA


ブログランキングにも参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページの先頭へ