結婚式に呼ばれたけど、お腹も大きいしドレスはどうしたら良いだろう。

妊婦さんが結婚式にお呼ばれしたとき、最初に考えるのはドレスの悩みですよね。

しつは、妊娠中にドレスを選ぶときにはいくつか注意しなければならないことがあります。

でも、どんなことに注意してドレス選びをすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、結婚式に呼ばれたときの妊婦の服装をテーマに詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

マタニティードレスを選ぶ時のポイント

結婚式に出席する場合、お腹が目立っている妊婦さんは着心地の良いゆったりしたワンピースタイプのドレスが一番おすすめです。

とくに安定期に入り、お腹が大きくなっている妊娠8カ月くらいのときには、ワンピースの丈に注意して選ぶのがポイントです。

でも、妊婦さん用のドレスって、あまり可愛いドレスはないんでしょ?と、思いがちですが、最近ではとても可愛くてオシャレなドレスがたくさんあります。

では、オシャレがしたい妊婦さんにおすすめのマタニティードレスを3つご紹介します。


◆ビーズシフォンワンピース

このドレスの特徴は、胸からウエストにかけて締め付け感が全くないところです。

妊娠中は胸のサイズも変わりますし、お腹が目立ってくるとワンピースでも探すのが大変ですよね。

しかし、このドレスの場合には、全体的にゆとりのある形で作られているため、妊娠中でも出産後でも使用できる作りになっています。

ただ、授乳用のドレスではないので、赤ちゃんが生まれてからしばらくは使うのが難しい場合もあります。


◆プリンセスラインのフェミニンドレス

出産前や、出産後に使用できるプリンセスラインのドレスは、授乳もできる優れものです。

お腹周りのゆったり感はもちろんのこと、締め付け感のない軽い素材で作られているドレスなので、着心地も悪くありません。

お子さんが生まれた後にドレスを着ていく場合でも対応できる作りになっているため、何度もドレスを買う必要がないところが非常におすすめですよ。


◆ミモレ丈のペプラムドレス

お腹が大きくてドレスの丈が短くなってしまいそう…なんて不安がある場合には、このドレスがおすすめです。

産前や産後にも使用できる作りになっているため、授乳期でも安心して使えます。

また、お腹周りにもゆとりがあるため、締め付け感もなく、着丈が長いためお腹が大きくなってもドレスの丈を気にする心配がないところが良いですよね。

長く使えるドレスなので、お金を無駄にする心配もありません。

マタニティドレスを選ぶときの注意点

オシャレなマタニティドレスがたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

でも、マタニティドレスを選ぶときには、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

ワンピースの丈とお腹の大きさ

妊娠中はお腹周りの大きさがドンドン変わっていきます。

じつは私が妊娠していたときは、体の大きさに対して結構大きいお腹になってしまい、ワンピースの丈が前だけ短くなってしまい、ちょっと困っていました。

おまけに、自分ではお腹が大きくなっている自覚がなかったため、サイズを計らないで洋服を購入してしまうとサイズが合わない!なんてトラブルもありました。

そのため、ドレスを購入する前はお腹周りのサイズを計って、ちょっと大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

ワンピースの素材

妊娠中はできれば自分が着心地が良いと思える素材のワンピースを選ぶのがおすすめです。

妊娠中は肌が敏感になっていたり、今まで気にならなかった洋服の素材がどうしても気になってしまうことがあります。

また、重めの素材のドレスを選ぶと息苦しくなってしまったり、疲れやすくなってしまう場合もあるため、できるだけ自分が着やすいと思える素材を選ぶのがポイントです。

おすすめは、シフォン素材のシンプルなワンピースです。

ドレスのサイズ

ドレスのサイズを選ぶときは、お腹周りだけでなく胸の大きさにも注意してください。

妊娠中は、自分では気が付かない間に胸が大きくなっていることもあります。

私も自覚症状なしでマタニティ下着をつけていたのですが、気が付いたら元の胸のサイズよりも2サイズも大きくなっていた経験があります。

そのため、お腹周りも胸周りも1サイズ大きめのドレスを選ぶのがおすすめですよ。

マタニティードレスに合わせる靴を選ぶ時のポイント

では、マタニティドレスに合わせる靴は、どうすれば良いのでしょうか?

基本的にマタニティドレスに合わせる靴は、ヒールのないものをおすすめします。

その理由は、妊娠中にお腹が目立っていると、自分の足が見えなくなってしまうからです。

自分の足が見えなくなっていると、転倒やケガの可能性もあるため、ヒールのない安定感のある靴を選ぶのがポイントです。

では、マタニティドレスに合わせる、おすすめの靴を3つご紹介します。


◆インサイドスリット グリッターパンプス

普段使いからパーティーまで使用できるシンプルですがオシャレなローヒールパンプスです。

安定感や履きやすさ、オシャレなグリッターパンプスは、色も豊富にそろっているためドレスに合わせてコーディネートがしやすく、非常におすすめです。

また、靴が滑りにくいように作られているため、足元に注意しなければならない妊婦さんでも安心して使用できます。


◆リボンフラットシューズ

履きやすさや安定感はもちろんのこと、コロンとしたフォルムが可愛いシューズです。

このフラットシューズの最大の特徴は、履いたときに軽くて、柔らかいので歩きやすいということです。

妊娠中は足元が安定しない場合が多く、靴選びが大変なのですがこのシューズの場合は履いていても安定して歩くことができます。

可愛さと履きやすさを両方持っているため、とてもおすすめです。


◆本革フラットバレエシューズ

妊娠中から出産後まで長く履きたい場合には、本革のバレエシューズがおすすめです。

ちょっと値段が高いかな・・・と、思うかもしれませんが、このバレエシューズには脱げにくく歩きやすく履きやすいという3つのメリットがあります。

フラットシューズは脱げやすいから抵抗があるけど、ストラップ付きの靴はお腹が大きくて履けない。

そんなときに脱げにくくて歩きやすい作りになっているシューズは重宝します。

また、デザインも豊富なため、フォーマルドレスに合わせたり普段使いにできますので、非常におすすめです。

マタニティドレスに合わせる靴を選ぶときの注意点

マタニティドレスに合わせる靴を購入する場合には、注意しなければならないことが2つあります。

履きやすい靴を選ぶ

また、個人的には履きやすい靴がおすすめです。

私の経験上、お腹が目立つ時期は自分で靴を履くのが大変です。

本当に足元が見えないくらいに大きくなってしまう可能性もあるため、靴はサッと履けるような形のものを選ぶのがおすすめですよ。

サイズが大きいものを選ぶ

妊娠中は足がむくみやすくなり、いつものサイズの1~2センチ大きくなる場合もあります。

実際に私は22センチの小さめな足なのですが、妊娠中は24センチの靴を履いていた経験があります。

そのため、幅の広い作りになっている靴を選び、購入前に必ず自分の足のサイズを計りなおしてください。

スポンサーリンク

妊婦で結婚式に出席するなんて早々ない!だからレンタルもおすすめ

妊娠中に結婚式に出席するなんてあまりないし、できればレンタルを利用したい。

安いドレスはなんだか恥ずかしい。でも、高いドレスを買うのはちょっと・・・。

そんな理由から、ドレスのレンタルを利用しようか迷ってしまう場合もありますよね。

たしかに、マタニティドレスは購入しても使用する機会があまりない場合もあり、お金を無駄にしてしまう可能性があります。

そのため、レンタルサービスを利用して1週間だけドレスを借りるのは、とてもおすすめです。

しかし、ドレスのレンタルサービスってどんなメリットがあるのか、ちょっとわかりにくいですよね。

そこでおすすめのドレスレンタルサービス「おしゃれコンシャス」をご紹介します。

おしゃれコンシャス

おしゃれコンサスは、非常に価格設定が良心的で、ドレスの種類が豊富なドレスレンタルサービスですが、妊婦さんがドレスをレンタルするメリットは6つありますので、詳しく見ていきましょう。

メリット①:2,900円~ブランドドレスが借りられる

マタニティドレスは、安いものであれば5,000~1万円程度で購入できます。

ただ、ドレスに合わせた小物などを一緒に購入する場合、金額は2~3万円になる可能性もあるため、ちょっとお財布に優しくないという難点がありますよね。

しかし、おしゃれコンサスを利用して最安値のドレスでコーディネートすると、

2,900円(ドレス料金)
1,000円(アクセサリー)
1,800円(バッグ)
1,700円(ボレロ)

合計:7400円(レンタル総額)

このような金額になります。

この金額にお手持ちのパンプスや、歩きやすいフラットシューズを購入しても、1万円程度の金額に収まることになりますので、非常に安く結婚式のドレスをレンタルすることが可能になるのです。

メリット②:ドレスのサイズが豊富

妊娠中はドレスを選ぶときに大きめのサイズを選ばないと、体形に合わない場合があります。

でも、気に入ったドレスのサイズがなくて着られない・・・なんてこともありますよね。

おしゃれコンサスでは、ドレスサイズも豊富に揃っているため、ドレスのサイズが見つからない!なんて悩みやストレスはありません。

豊富なサイズの中から、お気に入りのドレスが見つかります。

メリット③:サイズ表記が細かく紹介されている

ドレスを選ぶときに注意しなければならないのが、同じMサイズでもドレスによってはサイズが違う場合があるということです。

いつもはMサイズなのに、胸がちょっと苦しい・・・なんてこと、経験ありませんか?

この「おしゃれコンサス」では、サイズ選びに悩む必要は一切ありません。

全てのドレスの細かいサイズ表記がされているため、選んだドレスがどのような着丈なのか、胸の周りはどれくらいの大きさなのかを把握できます。

メリット④:安心の1週間レンタルシステム

1週間までのレンタル料金がドレス代に含まれているため、結婚式の後すぐに返却しなくちゃ!と、焦る心配がありません。

そして、返却するときは近くのコンビニや自宅で集荷してもらうこともできるため、非常に便利なのが嬉しいです。

メリット⑤:クリーニングした状態で届けてくれる

通常のドレスレンタルサービスは、使用後にクリーニングをかけてくれるのですが、試着後のクリーニングはしてくれません。

そのため、いざレンタル商品が届いても、なんだかドレスにシワが目立つ・・・なんて残念な気持ちになったりします。

しかし「おしゃれコンサス」では、レンタルするドレスをクリーニングしたてのきれいな状態で届けてくれるため、残念な思いをすることがありません。

当日、ドレスにシワのないきれいな状態で着ることができますよ。

メリット⑥:汚してしまったときのための安心サービスが受けられる

汚してしまったらどうしよう・・・レンタルサービスを利用するときに誰もが考えてしまいますよね。

しかし、おしゃれコンサスのドレスは通常使用による汚れや傷の費用を負担する必要はありません。

もしも特殊なクリーニングが必要な汚れについて不安を感じている場合には、レンタル料金の10%で「安心パック」に加入できますので、補償金が心配な場合には「安心パック」を利用してください。

>>>おしゃれコンサスのマタニティドレスの詳細はコチラ


妊娠中のドレス選びは、サイズの関係や着丈の関係、デザインや金額の関係でちょっと悩みますよね。

できれば持っているドレスを着たいけど、お腹が目立っているから着るのが難しい。

妊娠中はドレスでも日常できるものでも悩みますね。

しかし、せっかく結婚式に出席するのですから、自分が納得のいくドレスでオシャレをして、楽しんでくださいね。