妊娠中に結婚式にお呼ばれされる事も決して少なくありません。

とはいえ、妊婦で結婚式に出席しても周りに迷惑は掛からないのか不安な方も多いですよね。

また、妊娠中に結婚式に出席するときはどんな服装で行けば良いのか、だったり持ち物にも気を配らなければなりません。

そこで、結婚式にお呼ばれした妊婦さんならでは疑問や不安を解消するべく今回は解説していきます。

スポンサーリンク

妊婦で結婚式にお呼ばれしたら断るべき?

妊娠中に結婚式にお呼ばれしても、基本的に断る必要はありません。

しかし、状況によっては断らざるを得ない場合もあるため、ここでは、どんなことを基準にして妊娠中の結婚式のお呼ばれに出席するのか、欠席するのかを解説していきます。

妊娠の周期で出席を考える

結婚式当日のご自身の妊娠の周期を考えて、安定期の場合は出席しても安心ですね。

妊娠初期の場合、胎盤がまだできていない状態のため無理をしてしまうと赤ちゃんにもお母さんにも悪影響になってしまう場合があります。

また、妊娠初期にはツワリが出てしまい、食べ物の匂いが不快に感じてしまうこともあるため、できるだけ胎盤が完成した安定期に出席するのがベストです。

では、臨月の場合はどうしたら良いのでしょうか?

赤ちゃんは出産予定日より遅く生まれることも、早く生まれることもあるため、臨月に結婚式がある場合には出席をお断りするのがおすすめです。

もしも結婚式の最中に破水してしまったら、ほかの参列者にも迷惑をかけてしまう可能性がありますし、母子ともに危険です。

体調で出席を考える

妊娠中は体調の変化に振り回される毎日です。

そのため、体調の悪い時期(妊娠初期のツワリ症状)や、医師から安静にしていなければならないと指示を受けている場合には欠席してください。

式場の場所も妊婦さんには大事なポイント

通院している病院と結婚式場の距離を考えて、出席するのか欠席するのかを考えるのも必要です。

たとえば、結婚式に参列している最中になにか異常があった場合、通院している病院まで1時間程度で行くことができれば安心です。

しかし、それ以上になってしまう場合は母子ともに危険なため、出席は控えるようにしましょう。

妊婦さんならこれは持っておきたい結婚式の持ち物

結婚式は意外に持ち物が多いですよね、結婚式の基本的に必要な持ち物と言えば、

  • 靴ズレ防止に絆創膏
  • 予備のストッキング
  • カメラ
  • お化粧直し用のメイク道具
  • ハンカチやティッシュ
  • お財布や携帯電話
  • 結婚式の招待状
  • ご祝儀

これくらいを考えておけば特に不安はありませんよね。

しかし、妊娠中に結婚式に出席する場合、これら以外にも必要な持ち物が出てきます。

では、具体的にどんなものが必要になるのかをご紹介します。

妊娠中に必要な持ち物

・母子健康手帳

もしも結婚式の最中におなかに異常があった場合、母子健康手帳が必要になります。

母子健康手帳には大切なお子さんとお母さんの妊娠中の記録が書かれているため、外出時には絶対に持って歩くようにしましょう。

・健康保険証

健康保険証も何かあったときに必要になるため、忘れないで持っていきましょう。

私が妊娠中は母子健康手帳と一緒に母子手帳ケースに入れて持ち歩いていました!

・印鑑

何かあったときのために印鑑も持って参加すると非常に安心です。

こちらも私の場合は母子手帳ケースに入れて持ち歩いていました。

・常備薬(おなかの張り止めなど)

病院からお薬を処方されている場合には、忘れないように持ち歩きましょう。

・ナプキン

妊娠中は突然出血する場合もあります。

そのため、生理用のナプキンを何枚か持っておくと安心です。

・ストール

妊娠中はおなかや体を冷やしてしまうと大変です。

そのため、ストールを一枚持っていくと非常に便利ですよ。

・タオル

妊娠中はすぐに気分が悪くなってしまいます。

そのため、タオルを一枚持っていくと非常に安心です。

・ビニール袋

普段はそんなに酷いツワリではない場合でも、食べ物や飲み物がたくさん並んでいる会場で気分が悪くなる可能性もあります。

そのため、ビニール袋を持っておくと、気持ち的にとても安心です。

スポンサーリンク

妊婦さんが結婚式に着る服装で注意しておくべき点は?

では、妊娠中の結婚式にはどのような服装が望ましいのでしょうか?

基本的に妊婦だからと言ってマタニティドレスを購入する必要はなく、ウエストがゆったりしているドレスで大丈夫です。

ただ、おなかが目立っているようであれば、ドレスの丈に注意してくださいね。

では、季節ごとにどのような格好が望ましいのかと、結婚式に参加するときの靴やタイルについて解説していきます。

春の結婚式での服装

春の結婚式に出席する場合、まだ寒さの残る季節なのでドレスに合わせた白以外のカーディガンを羽織るのがおすすめです。

また、会場に行くまではコートをしっかり羽織って、もしも寒い場合にはホッカイロなどを利用するのがおすすめです。

夏の結婚式での服装

夏の結婚式の場合、室内でのクーラー対策をする必要があります。

ドレスに合わせたカラーのストールを持っていくのがおすすめです。

秋の結婚式での服装

秋は昼間は暖かいですが、日が落ちると冷え込む時期です。

そのため、体が冷えないようにカーディガンやストールなどを持って行くのがおすすめです。

また、もしも足が冷える場合には会場までブーツを履いて、会場についたらパンプスに履き替えるのもおすすめですよ。

冬の結婚式での服装

大変なのが冬の結婚式です。

冬は体が冷える時期なので妊娠中は本当に注意しなければなりません。

まず、おなか周りは毛糸のパンツなどをしっかりと穿いて、ホッカイロなどが入れられるようにしておくと安心です。

足は、ストッキングを2枚重ねたり、ちょっとだけ厚手のストッキングを合わせるなどの工夫をしてください。

そして会場まではしっかりと着込んで、足元も温かいブーツを履くなどの工夫が必要です。

ただし、会場ではパンプスに履き替えましょう。

結婚式で履く靴はどうすれば良いの?

妊娠中にヒールのあるパンプスを履くと転んでしまう可能性がありますので危険です。

そのため、かならずヒールのないパンプスを選びましょう。


妊娠中に結婚式に出席するときには、ご自身の体調や妊娠の経過などをしっかりと考えてからお返事を返してくださいね。

また、結婚式当日の席はできるだけ廊下側のトイレに近い席をお願いしておくと、トイレが近くなっている場合でも対応しやすいです。

そして、念のため結婚式に出席する前にかかりつけの医師と相談をして、もしも結婚式に出席できなくなったらいつまでに連絡をすれば良いのかを事前に聞いておくと安心ですよ。

大切な方の結婚式ですのでしっかりと事前準備をして、主役のお二人を祝福できるようにしましょう。