ノースリーブのドレスを着た時に、肩を隠し華やかに見せてくれるのがストールです。

結婚式にふさわしいストールの選び方、エレガントにみせるストールの巻き方はどのようなものでしょうか。

また、ストールを羽織るにもマナーがあるのだろうかと気になる方も多いはず。

そこで今回は女性にとって必須のアイテムとなるストールについて今回は詳しく迫っていきます。

スポンサーリンク

結婚式で巻くストールのマナーについて

stall-makikata

結婚式でノースリーブのドレスを着る場合には、肌の露出を隠すためにストールは必需品ですね。

しかし、ストールを羽織る歴史はそう古いものではないため、

半袖や、長袖の服の上にストールを巻くなんて「正式ではない」「野暮ったい」

という印象を持つ方も年齢層の高い方には多いようです。

ストールを巻くことは、決してマナー違反ということはありませんが、

袖のある服装にストールを巻く場合は、小物やアクセサリーの扱いとなる

ということは結構知られておらず、お呼ばれではよくても親族として出席する場合など正装時にはふさわしくないとされています。

ストールの素材について

ストールの素材としては、

シフォンや、オーガンジー、レース

この辺りが無難でおすすめです。

秋冬ならウールの入ったもの、春夏なら薄手のコットンもよいでしょう。

光る素材や、スパンコール、ラメ入りは夜向きで、昼間に行われる結婚式には向きません。

また、ファーがついているものは殺生を連想させるものなので、結婚式では巻かないように注意してくださいね。

ストールの色について

結婚式での白は花嫁の色なので、白系ストールは避けましょう。

光の加減で白く見えるアイボリーや、クリーム色、薄いベージュもおすすめできません。

写真を撮った際、フラッシュの加減で白と見間違ってしまうような色のストールはセレクトしないことが懸命です。

また、何かと合わせやすい黒のストールですが、黒も葬祭を連想させるので印象が良いとはいえません。

様々な年代の方が集う式場ですので、黒系のストールというのも避けておいたほうが間違いありません。

推奨されるストールの色はゴールドやシルバー、パステルカラー。

ストールは、はっきりした色を選んだつもりでも素材によっては薄く見えるのも特徴ですので、選ぶ際には注意してくださいね。

スポンサーリンク

ずれ落ちにくいストールの巻き方

ストールの難点はずれ落ちることですよね。

食事の際やお辞儀のたびにストールを直さないといけないのは面倒ですし、見ていてもみっともないですよね。

そこで、ずれ落ちにくいストールの巻き方を3つご紹介します。

斜めの位置で片リボンを作る前結び

ストールを肩にかけて、利き手とは反対側を持ち、先端から約20cmの所で緩めに1回結びましょう。

次に、もう一方を先端から15cmくらいの所で2つ折りにして持ちます。

2つ折りにした折り目を、最初に緩く結んだ結び目の下側から差し込むように通します。

結び目の上から少し輪が飛び出るように引っぱり、結び目を固く締めれば完成です。

華やかに見えながらもずれ落ちにくい結び方として非常におすすめです。

ブローチを上手に使った巻き方

どちらでも良いので左右どちらかが少し長くなるように肩からストールを羽織ります。
この時に、

短くしたストールの縁を5cmくらい内側に向かって折りたたんでおく

これによって、完成時の見た目が非常に綺麗になりますよ。

長いほうのストールの胸より少し上の部分のストールの幅の真ん中をつまみます。

そのままの状態で、今度は短いほうのストールの脇より少し下の部分をつまみます。

短いほうのつまみ部分と長いほうのつまみ部分に重ねて、そこをブローチで留めれば完成です。

シュシュで留めるふんわりな巻き方

ストールの端が外側に来るように少し折って羽織ります。

胸の下からおへその上あたりまでの間でふんわり束ねて、シュシュで留めます。

この場合のストールは、

幅50センチ以上長さ2メートル前後の大判のものを選ぶのがポイント

幅が80センチくらいあると肩も上手に隠れて、且つふんわりと巻けるのでおすすめです。

30秒でできる!簡単なストールの巻き方

いざというときに、ささっとできるストールの巻き方も抑えておきたいところですね。

コチラの動画では、カーディガン巻きという巻き方で、たった30秒で巻けちゃいます!

巻き方の解説も書いておきますので、ぜひトライしてみてくださいね。

巻き方

ストールの真ん中が首のあたりに来るように肩に羽織ります。

ストールの両端をそれぞれ脇から背中に回して、背中で一回結びます。
 
きつく結んでしまうと手を動かしにくくなりますので、ふんわりと結ぶようにしてくださいね。


ストールを上手に使えば、同じドレスであっても違った印象を与えてくれるので着回しをごまかすこともできます。

また、地味目のドレスの場合でも華やかさをプラスさせることができるのもストールの魅力です。

ぜひストールをきれいに巻いて、エレガントな大人の女性を演出して結婚式に出席してくださいね。