結婚式のドレスで50代が着ていくにふさわしい服の選び方

今回は50代で久しぶりに結婚式に招待されたはいいけど、

まさか若い子と同じようなドレスを着るわけにはいかない・・・

そもそも、久しぶりすぎて何を着たらいいかわからない・・・

こうした方のために、50代の女性の為の結婚式のドレスコードのマナーや

選ぶ時に参考にするポイント、これなら間違いない!というドレスまでを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

50代の女性らしさを逸脱しない為のドレスコードと抑えるべきポイント

dress-50dai

50代で結婚式に招待された時に、もちろん20代前半の世代が着るようなドレスは着られませんよね。

50代だから駄目という話ではなく、

結婚式などマナーが問われる場で年齢と服装がマッチしていない

というのは、それだけで非常識のレッテルを貼られる事になりかねないのです。

大人の非常識は最悪な印象を残してしまいます。

そんな事にならない為に、意識すべきは

「しっかり感」と「落ち着いた女性らしさ」

をポイントにドレスを選ぶ事です。

カジュアルすぎるものや、過度な露出などはもちろんNGで、

大人の女性の上品な色気や落ち着いた雰囲気を演出してくれるドレスを選びましょう。

高級感を与えながらも素朴さを演出する

生地は高級感のあるものを選ぶことが大事。

高級感というのは何も本当に高級なものというわけではなく、あくまで見え方のことです。

そんなに何度も着るものではないですから、無理に高いドレスを購入する必要はありません。

着丈は膝下が理想で、色味も落ち着いたものをチョイスしてください。

肌の露出に関しては、長袖や肘が隠れるものが理想ですが、

肩が出るタイプのドレスであってもジャケットなどを羽織れば心配いりません。

またお祝いの席なので、重たい印象や暗い印象にならないように、

小物やアクセサリーを上手に使って、華やかさを出す事も忘れないでくださいね。

親族として出席する50代にふさわしいドレスとは

親族である場合、お着物をお召しになる方も多いですが、

最近では新郎新婦やお2人のご意向でドレスでとお願いされる事も少なくありません。

その場合、友人などの結婚式よりも更に「しっかり感」を意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

式場の格式などにより多少の違いはありますが、親族であれば必ず「しっかり感」を演出できるドレスにすることが大切です。

肘と膝がしっかりと隠れる事、露出が少なめなこと。

これは知人の結婚式のお呼ばれとは違ってしっかり守りましょう。

ドレスが多少カジュアルでも、ボレロやショールを避け、

ジャケットなどを羽織れば「しっかり感」を出すことは充分に可能です。

とはいえ、言葉で聞くだけではイメージが湧きにくいと思いますので、

50代のためのドレスとして、親族と知人のお呼ばれそれぞれで、セレクトしたら良い商品をご紹介します。

親族の結婚式に着ていきたい50代のドレス

●エレガントオールレース長袖ドレス

こちらはオールレースの長袖ドレスで、丈もしっかりあるので1枚で着られます。

オールレースがかたくなりすぎず、上品な女性らしさと、高級感を演出してくれているのでお勧めです。

カラーはブラックとベージュの2色展開で、

ブラックならベージュやアイボリー、ベージュなら黒や暗めの色のジャケット

と合わせれば、より「しっかり感」も演出出来ますね。

パールのアクセサリーとバッグや靴などの小物で、アクセントをつけましょう。

●組み合わせ自由なフォーマルスタイル

こちらは「ザ フォーマル」といった感じでしょうか。

少し地味に感じてしまっても、親族という立場で格式が高めな式場の場合はこちらを着れていけば間違いありません。

この6点セットなら何より着回し力の高さが抜群なので、お羽織りは何にしようなど色々と迷う事もありません。

また結婚式のようなお祝いの席の場合は、全身黒で印象が重たくなりすぎないように、

ジャケットだけベージュやアイボリーを羽織りイメージを軽やかに明るくしてみても素敵ですね。

アクセサリー、バッグ、靴で華やかさをプラスする事も忘れないでください。

●上品なチュールレーススーツ

こちらはカラーフォーマルスーツです。親族の結婚式に大変お勧めのチュールレーススーツです。

ジャケットのカラー「オフピンク」と「ブラックピンク」の2色展開に加え、

上下別サイズで選ぶ事が出来たり、スカートの丈を2種類から選べるのも嬉しいですよね。

ブティックコーランが厳選した日本製の糸を使った生地が高級感を演出し、着心地も抜群に快適です。

知人のお呼ばれで結婚式に着ていきたい50代のドレス

次にご紹介するのは、友人の結婚式などの場合のドレスです。

親族の時よりは少し軽めに多少カジュアルに華やかに行きましょう。

●水玉織り柄ドレス

こちらのドレスは立体感のある織り柄が施された生地にはコットンが入っているので、

伸縮性が多少あり素材感もさらりとしていてとても着やすいです。

カラーはブラックの1色ですが、素材感と襟や袖、デコルテの程よい露出が、

抜け感や上品なカジュアル感を演出していて、お呼ばれドレスとしてはお勧めの1着です。

前で結ばれたリボンが大人の女性の中にも可愛らしさが垣間見えとても可愛いです。

●シャンブレーシャンタンドレープドレス

ワインレッドとネイビーの2色展開のシャンブレーシャンタンドレープドレス。

着丈は膝下10㎝と背の高い肩もしっかり膝が隠れる長さ。

後ろの編み上げもちょっとしたポイントになりますね。

シャンタン生地の程よい光沢が上品さを高め、上半身に施されたドレープと落ち着いたカラーで、大人の程よい色気を演出します。

このドレスの場合このままだと肩が出てしまうので、ジャケットやボレロ、ショールなどでしっかり肩を隠しましょう。

●エレガント刺繍ドレス

少しハイウェストで切り替えなので、綺麗なシルエットにスタイルアップしてくれます。

エレガントでシックな大人の女性を演出してくれるるお勧めドレスです。

大人の女性の美しさに少しシャープでクールな感じもプラスされ、更に上品さもアップします。


いかがでしたでしょうか?

やはり50代の方も、新郎新婦との関係性やシーンによって選ぶドレスも変わってきます。

しっかりした印象や大人の落ち着き感を出す事を忘れずに、

上品な女性らしさやいやらしくない程度の色気、高級感を演出出来るドレスを選びましょう。

20代にしか着れないドレスがあるように、50代にならないと着こなせないドレス

も沢山ありますので、ぜひ小物やアクセサリーで華やかさを加え、お祝いの席に色付けをしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事に関してあなたの声をお聞かせください(ハンドルネーム可)

CAPTCHA


ブログランキングにも参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページの先頭へ