結婚式に招待されて悩むのが、服装と髪型ではないでしょうか。

アップは苦手だからハーフアップで・・・と考えるものの、

結婚式でハーフアップはマナー違反なのかどうか。

結婚式の髪型って結構気になる所ではないでしょうか。

今回はセミロングからロングヘアーのあなたのためのハーフアップアレンジについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

結婚式でハーフアップの髪型ってマナー違反!?

フォーマルな場はフルアップじゃないとダメ

一昔前はそうでしたが、最近はハーフアップで結婚式に出席する女性も多いですね。

では、本来であればハーフアップの髪型は望ましくないのでしょうか?

また、一般的に結婚式にはどんな髪型が好ましくて、どんな髪型が好ましくないと思われているのでしょうか。

『清潔感』のないものはNG

どんな髪型であれ、「きちんとセットされている」という感じが出ないものは印象が悪いです。

セットの仕方によっては、セットしてきていないと思われてしまうこともあるほど。

また、お辞儀をした時や食事の際に、顔に髪がかかってしまうような髪型は避けた方がいいですね。

食事中に、髪が顔にかかる度に髪を触らなくてはいけませんし、決して美しい行為とは言えません。

そのため、サイドの髪を極力減らしたり、後に寄せれば髪が下りてくる心配もありませんしフォーマル感がでます。

派手すぎず、地味すぎない髪型

ヘアスタイルやヘアアクセサリーは、新婦より目立たないようにすることが鉄則です。

主役はあくまで、新婦ですから。かといって、地味なのもパッとしません。

控えめな華やかさで、清潔感のある髪型が結婚式では好印象となります。

スポンサーリンク

ハーフアップに使えるシュシュやリボンって?マナーに沿ったヘアアクセサリー

髪型ももちろんそうですが、ヘアアクセサリーも気になるところ。

ハーフアップにピッタリのヘアアクセサリーってどんなものなのでしょうか。

結婚式では花は新婦のものなので、花をあしらったへアクセサリーは避けましょう。

また、ファーなどの毛皮や革製品を使ったものも、殺生を連想させるので避けたほうが良いと言われています。

他にも、どうしてもカジュアルな雰囲気が出てしまうシュシュも結婚式にはふさわしくありません。

ドレスと合っているからとつけていっても、周りからひんしゅくを買う危険があります。

リボンはものによっては使えます。季節に合った素材で、上品なデザインのものを選びましょう。

結婚式で恥ずかしくない、ハーフアップにも使えるヘアアクセサリーを探してみました。

真珠が上品なヘアアクセサリー
清楚な印象なリボンのヘアアクセサリー
ハーティースタイルにピッタリのカチューシャ

ヘアアクセサリーだけでなく、指輪や、ネックレスなど他のアクセサリーとの釣り合いも大切です。

真珠で統一するとか、シルバーで統一するなどすれば全体的にすっきりとした印象になります。

ハーフアップをセルフで簡単豪華!自分でできるヘアアレンジ

最後に、自分でできる!しかもゴム一本でできる!

そんな簡単豪華なハーフアップの方法です。

動画の中で「くるりんぱ」と紹介されている、ゴムで束ねた髪をゴムと頭の隙間にくぐらせる技がすごい。

簡単なのに、すごくかわいく仕上がります。

ポイントはおろした髪を巻いて、ハーフアップとおろした髪の境目のボリュームを出すことです。


ハーフアップはやり方やその仕上がりで印象が大きく違います。

結婚式の主催者や来賓の方々、式の雰囲気で髪型の許容範囲も大きく変わるので、前もってリサーチすることもおすすめです。