一生に一度の結婚式。

思い出をできるだけ写真という形にして残したいという方も多いですよね。

ただ、結婚式当日というのは、ご自身の準備や参列者の対応など気にかけて動かないといけないので

かなりバタバタしてしまいます。

その為、写真をゆっくり撮れる時間というのがあるようで、実はあまりありません。

そのため、きちんとした写真を撮るには

前撮りか後撮りという形でプロの手を借りる

という方法がありますが、前撮りをされる方のほうが圧倒的に多いですね。

それは一体なぜなのか?具体的な相場やそれぞれの違いから前撮りの魅力について詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

結婚式の前撮りの相場を知ろう

maedori

前撮りをしたくてもやはり気になるのは料金の事ではないでしょうか。

冒頭でも述べましたが、やはり写真というのは一生物です。

いつでも振り返る事ができるので、例えば喧嘩をした時などに見返すと仲直りの材料になってくれる事も多いですよね。

結婚式当日はゆっくり写真を撮る時間もなく、バタバタしがちなので一生の思い出をプロのカメラマンによって残すのはとてもお勧めです。

とはいえそれぞれにかけられる予算も違います。

額としては幅がありますが、

大体5万円~10万円が相場

どんなに高くても20万円以内といった所で収まるといったところです。

ほとんどがオプション式で1ショット1万円前後~1万5千円という価格帯で組まれているので、

1枚だけでいいと言う場合は、最安で1万円で収めることも可能です。

式場オプションの前撮りはやや相場が高め!?

結婚式場と提携しているスタジオや式場での前撮りは、式場と業者が提携している事により、準備や予約などの手間が省けます。

前撮りの事まで1から考えたり準備をする余裕がない!という方はオプションで前撮りをするようにしましょう。

ただし、料金に関してはスタジオよりも少し高めで15万円~20万円が相場です。
 

式場のオプションよりも専用スタジオがおすすめ

基本的に前撮りは式場のオプションプランとしてありますが、

式場とは別の結婚式専用スタジオがおすすめ

スタッフ全員が「撮影現場」のプロなのでクオリティーの高い写真を残すことができます。

実際に一生の思い出という事を考え、結婚式専門のスタジオにお願いするカップルは年々増加傾向にあります。

また、スタジオ内での撮影や外で撮影をするロケーション撮影のセットなど、

価格的にもお得なプランや季節ごとのキャンペーンなどから様々セレクトできるのも専用スタジオの魅力ですね。

前撮りと後撮りどっちがいい?それぞれのメリット

結婚式の思い出となる写真を残す方法には前撮りと後撮りがありますが、

圧倒的に前撮りを希望される方のほうが多いです。

前撮りをしておくと、結婚式当日に使えるから。

という意見がかなり多いですね。

結婚式会場の入り口などに前撮りをした時の写真を飾ったり、ウェルカムボードとして写真を使用することができます。

そのため、式の当日にゲストを楽しませる事も考えると、基本的には後撮りよりも前撮りをおすすめします。

一方、後撮りにもこんなメリットがあるんです。

結婚式での反省点や結婚式で出来なかったことが出来るということ

準備までめまぐるしく忙しかったのでお肌の調子が正直イマイチだったという新婦の声は結構多いです。

その点、結婚式を終えた後なので、気持ちの部分や予算の部分でも余裕を持って取り込むことが出来るのも良い所ですね。

総合的には前撮りの方がメリットとしては多いですが、後撮りも形に残すという部分では同じです。

前撮りと後撮りでかかる費用が大幅に変わる事はありませんし、どちらを撮るかはお2人、家族と良く相談して決めましょう。

スポンサーリンク

前撮りまでに新婦がすべき準備や肌のお手入れ

色々悩んだ末に、やっぱり前撮りにしよう。そう思った新婦のあなた。

新郎である男性は、ただその日を待てばいいですが、

女性はお肌のケアなどやらなければいけないことがたくさんありますよね。

一生に一度の思い出に残る写真ですから、後悔ないように入念な準備をしておきましょう。

以下に必ずやっておきたい準備をまとめてみましたのでご参考ください。

1、シェービング

顔、襟足、首、背中、指、腕、足、など全身お手入れしておきましょう。

背中などが難しい場合はシェービングの専門店もあるので日にちに合わせて予約してくださいね。

2、デコルテケア

胸から上のデコルテの部分が出る衣装は、和装洋装共に非常に多いです。

背中のシェービング以外にも、ニキビなどのケアもしっかり行いましょう。

3、ダイエット

こちらは可能であればですが、結婚式当日に向けてのブライダルエステなどと合わせて

日々の食生活も考えながら、体型を維持出来るようにケアしましょう。

4、ネイル

ネイルは必ず用意しましょう。

普段の生活でジェルネイルやスカルプは出来ないという方はチップを用意します。

前撮りでは和装をする方も多いので、ジェルやスカルプのような1デザインしか出来ないものよりは、実はチップを何種類か用意する方がお勧めです。

5、足のケア

特にロケーション撮影では砂浜や芝生など、裸足になると素敵な場所が沢山あります。

なので足のネイルやケアもぬかりなく行っておきましょう。

6、前日の睡眠と早めの起床

当日の肌艶や化粧のりを左右するのが十分な睡眠と早起きの2つです。

こればかりはプロのメイクさんにもどうにも出来ない事なので、

健康面もしっかり管理し、前日はたっぷり眠って早めに起床するように心がけましょう。

7.前撮り業者さんとの入念な打ち合わせ

当日の撮影トラブルはあなたが考えている以上に多いものです。

そうならないよう、どんなイメージで撮影したいかを事前に業者の方にはしっかりと伝えておくこと。

雑誌の切り抜きなどを用意してポーズのイメージを伝えるのも1つですね。

また、業者の方にレンタル出来る小物は何があるのかを確認しておく事もおすすめします。


前撮りの当日は小さな手鏡、メイクや髪型のイメージ切り抜き、ハンカチ、現金、指輪があれば指輪を忘れずに持参しましょう。

食事が取れない事も多いので飲み物や腹持ちのいい軽食も用意しておくといいですね。

ぜひ、思い出に残る最高の1枚を残してくださいね