結婚式は敢えてやらないというカップルも昔に比べて増えてきましたね。

また、初婚ではないという理由から、結婚式は上げずに証だけを残すというスタイルも、

現代の日本では決して珍しいことではなくなってきました。

そんなカップルの間でにわかに人気となっているのが「フォトウェディング」です。

でも、前撮りと具体的に何が違うの?という方もまだまだ多いのも確か。

今回は、そんな現代の新しい結婚式のスタイルである「フォトウェディング」について詳しく迫ってみましょう。

スポンサーリンク

フォトウェディングって結婚式の前撮りとどう違うの?

photo-wedding

前撮りとはもともと、結婚式を挙げるカップルが式当日とは別の日にあらかじめ写真を撮ることを意味していました。

これは式当日は準備やリハーサルに追われて非常に慌しくなってしまい、

ゆっくりと時間をかけて納得のいく写真を撮れないからということで、事前に当日と同じ衣装を着て式場のスタジオなどで撮るというスタイルです。

「当日は着ない(着られない)和装を着て写真を撮りたい。」

という希望をうけて、あえて前撮りでは和装を着るというのも前撮りならではと言えるでしょう。

前撮りは、当日の衣装をレンタルする式場やドレスショップでオプションとして対応できるところもありますが、

同じところ撮影する必要性もないため、外部の写真スタジオなどに別に依頼するケースもあります。

撮影場所についても、最近ではスタジオ撮影だけでなく、日本庭園や海辺など屋外で撮影する「ロケーション撮影」をすることも出来ます。

それに対して、フォトウェディングは結婚式をしないカップルが

「写真だけの結婚式」として撮影する新しい結婚式の形です。

前撮りとは意味合いが少し違うというだけで、衣装を着て写真を撮ること自体は一緒です。

こちらも基本はスタジオ+貸衣装での撮影でしたが、最近ではチャペルやゲストハウスなど貸し切って

まるで「結婚式を挙げたような写真」を撮ってもらうことも出来るようになっています。

フォトウェディングのプランと費用の相場はどのくらい?

フォトウェディングはシンプルに衣装を着て写真を撮るだけなら5,000円~4万円前後

衣装が2パターンになったり、ロケーションになると7万円~15万円程度が相場となっています。

この金額だけを見ると結構開きがあると感じたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

これは、撮影の写真の受け取り方の違いに差が生じるからなのです。

何カットか撮影した内の、一番気に入った写真を6切りなどの写真1カットだけもらうのがフォトウェディングでは最安値となります。

ここから、

●写真のカット数を増やす

●アルバムを作成する

●写真データをCDーROMで受け取る

といったことを付け加えていくと、費用も高くなっていくという仕組みになっています。

つまり、

1枚撮るだけなのか、100カット撮ったらその全データ欲しいのか

そうしたことで費用が全くもって大きく変わってくるということがフォトウェディングの特徴です。

撮影する所によっては、自分たちのカメラや携帯での撮影はOK、家族などを同席して一緒に撮影する(衣装なしで)のも可能

というところもありますので、この点は事前によく確認しておく必要があります。

また、

記念にドレスを着たいのか?

結婚式をしたという思い出を残したいのか?

年賀状などで使いたいのか?

という目的によってフォトウェディングは決めていく必要があるのが前撮りとの違いですね。

衣装については、小物やヘアメイク、ブーケが含まれているプランがほとんどなので、

自分で用意するものはドレス用の下着ぐらい(なければ普通のものでも可)です。

また、ゲストハウスでの撮影では写真を撮るだけでなく、ふたりだけでの本物の挙式をすることが出来るプランもあります。

新婚旅行と一緒に海外でフォトウェディングもあり!?

新婚旅行にお金を費やしたいから結婚式を上げないというカップルも多い中、

海外の新婚旅行先でフォトウェディングをするという各旅行会社のプランも最近では増えてきました。

また、海外だけでなく北海道や沖縄をはじめと国内のリゾートでもフォトウェディングをすることも可能です。

ただ、通常の旅行にフォトウェディグがセットされているプランは旅行会社や大手のドレスショップなどで準備されていますが、

プラン自体が少ないので写真メインの旅行プランを立てることになってしまうというデメリットもあります。

しかし、撮影のスケジュールやデータ受け取りの方法などが旅行の日程の中に組み込まれているので、初めての海外旅行などで慣れていない方には向いています。

また、フォトウェディング自体は現地のフォトウェディング専門会社のオプショナルツアーという形になるので、現地の会社に直接予約することも可能です。

ハワイやグアムなどであれば、インターネットで日本から日本語のサイトで予約できる会社がほとんどなので、フォトウェディングだけを自分たちで予約するのがオススメです。

自分たちで予約すると、

①旅行の日程の中で好きな日に撮影が出来る。

②直接予約することで価格が少し安くなる。

③撮影場所や衣装など気に入った現地会社を選ぶことが出来る。

というメリットがあります。

バリ島やモルディブなどのリゾートでも取り扱い社数は少ないですが、写真だけのプランが用意されています。

一方、ヨーロッパやアメリカなどその他の地域の場合は挙式+写真のプランがメインのため、写真だけのプランでは自分でドレスを用意する必要がある場合が多くなっています。

でも、女性にとっって、こうした旅行一体型のフォトウェディングで心配な点といえば、

ウェディングドレスなどの衣装はどうなのか?

ということではないでしょうか。

残念ながら、写真のみのフォトウェディングで現地の会社を利用する場合は、日本でドレスを選ぶことや試着をすることは出来ません。

逆に挙式付プランの場合は、事前にドレスを選んで試着し、日本から持って行く(現地に届けてもらう)ことが出来ます。

そのため、サイズやデザインに不安やこだわりがある場合は、

フォトウェディングのレンタルドレスがご自分に合わない可能性があることも覚えておいたほうがよいでしょう。


「フォトウェディング」といっても様々なプランがあることがおわかりいただけたと思いますが、

逆に言えば自分たちに合うプランが見つけやすくなっているということでもあります。

従来型の結婚式をしない場合には、ぜひフォトウェディングと言う形も選択肢の1つとして考えていくのもいいのではないでしょうか。