40代になって久しぶりの披露宴に出席、若い頃と同じドレスではなんだかしっくりきませんよね。

ドレスも普段着と一緒で「年相応」を意識することは非常に大切です。

マナー知らずの大人程、第三者からすれば残念なことはありません。

大人の女性の品格をしっかり保ちつつ、女性らしさも演出し、素敵なパーティーにしてくださいね。

スポンサーリンク

40代に相応しいドレスとコーディネート

dress-40dai

20代前半の「マナーを知らなかった」と、40代の「マナーを知らなかった」はあまりにも印象が違います。

20代前半までは笑って済まされるものも、大人の女性がマナーを知らないと厳しいようですが、ただの非常識で可愛くもなんともありません。

恥をかかないように、しっかり大人の女性の品格を保って結婚披露宴を楽しみましょう。

基本的なマナーである「白色はNG」「肩を隠す」「丈の短すぎるものはNG」

もちろん殺生を意味する皮やレザーを使ったものもダメですね。

この辺の最低限のマナーは40代ともなれば、過去の経験があるのでご存知の方も多いかと思います。

こうした基本的なマナーにプラスして、40代になると特に気をつけておきたいのが、

肌の露出

です。

何歳だから着てはいけない服というものはありませんが、

「年相応」という判断基準の1つとして肌の露出には十分に考えなければなりません。

それが、結婚式のようなフォーマルの場では自分の年齢や見た目に合うものを選ぶ事がポイントになってきます。

若い女性には出す事の出来ない「大人の女性の上品さ」を出せる素敵なドレスを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

親族として出席する際の結婚式に相応しいドレス

40代でもご自身が「親族」という立場で披露宴に出席する場合は、友人などの披露宴の時よりもさらにマナーに敏感にならなければなりません。

肩と膝に加え、出来れば肘も隠してください。着丈も親族の場合膝が隠れるものがベストです。

ポイントとしては「しっかり感」を常に意識し、そのしっかり感の中に華やかさがあるようなドレスを選べると素敵ですね。

フォーマルレディースドレス

フォーマルと言えばこんな感じというお手本のようなフォーマルドレスです。

立場が「親族」の場合はこのぐらいしっかり控えめなコーディネートで出席すれば、間違いないですね。

透け感はしっかりありますので重たくなりすぎる事がなくウエストの絞りがスタイルアップもしてくれるのでお勧めのフォーマルドレスです。

ただこのままだとシンプルすぎて、せっかくのお祝いの席では華やかさが足りません。

なのでアクセサリーは大きめの存在感のあるものを付け、バッグやお靴でラメを取り入れたりして華やかさをプラスすることを忘れずにコーディネートしてくださいね。

シフォン素材ドレスワンピ

計算し尽くされたシルエットがスタイルアップしてくれます。

素材には透け感のあるシフォン生地を使用していて、裾にはビーズが装飾されており、

シックな大人っぽさの中に「女性らしさ」もしっかりあるので、大人の女性を非常にエレガンスに演出してくれます。

胸元には取り外し可能のネックレスがついているのも嬉しいポイント。

お手持ちのお気に入りのネックレスに変えれば雰囲気も簡単に変えられます。

親族の場合はこのドレスに、肘あたりまであるジャケットを羽織ることをお勧めします。

ジャケットがあれば大抵のドレスは、より「しっかり感」が出せます。

そういう意味でもどんなドレスにも合わせられそうなジャケットも一つ持っておくといいですね。

シャンタンドレス

生地には「シャンブレーシャンタン」を使用しており、このシャンタン生地の光沢が華やかさを演出してくれています。

上身頃のドレープと背中のレースアップが、おとなの女性の良さを最大限に引き出してくれるお勧めドレスです。

丈もしっかりあるので「親族」の立場での出席もこれを着れば間違いありません。

またこのままだと肩が出てしまいますので、ジャケットや袖が長めのボレロでしっかり肘を隠しましょう。

お手持ちのアクセサリーや小物でパーティー仕様にコーディネートしてくださいね。

40代にお勧めのお呼ばれドレスの紹介

「親族」や「親」の立場でない場合は、少しカジュアル感が出てもかまいません。

友人の披露宴や結婚パーティーでは少しのびのびと式に華を添えましょうう。

マットサテンドレス

生地には厚手の高品質マットサテンを使用していて、このサテンが上品な華やかさを演出してくれますよね。

スタイルアップは勿論のこと、デコルテの程よい露出が大人の女性の色っぽさを演出してくれる事間違いなしです。

この上に薄手のラメショールなどを羽織ると華やかさもプラスされるのでお勧めですね。

短めのパールネックレスや存在感のある小物で、華やかなコーディネートをしてみてくださいね。

シックタイトドレス

大人の女性になってからでないと、黒のタイトドレスはなかなか着こなせないと思うので、40代になってチャレンジしたいドレスの一つですね。

シンプルですが、シルエットもバランスもとても良く「あるようでなかなかない」静かな存在感のあるドレスなので、

「他とかぶりたくない」という気持ちがある人にはとてもお勧めのドレスです。

靴もヒールが高めのものを選び、周りと差をつけましょう。

バイカラードレス

「媚びない上品な色っぽさが芯の通った大人の女性」を演出してくれています。

配色はNGなのでは?と感じられたかもしれませんが、マナー上は問題ありません。

むしろこのバイカラーのおかげで、メリハリがつき、スタイルアップしてくれます。

デザインとしてはクールな印象がありますが、素材にはシフォン生地を使用していて、

歩くたびにフワフワ揺れて、女性らしさもさりげなく感じさせてくれるお勧めのドレスです。

胸元には大きめの存在感のあるアクセサリーをつけることで、華やかさが格段にアップしますよ。


マナーを守りつつ、やはり女性なのでお洒落をする事をわすれずに、40代だからこそのドレスをさらっと着こなしてくださいね。

小物などで遊び心や華やかさをしっかり出すことを忘れずに素敵なコーディネートをして静かな存在感を演出してみましょう。