結婚の挨拶に相応しい男性の服装:スーツがマナー?私服でもOK?

結婚が決まった2人がまず行うのが「結婚の挨拶」ですよね。

順番としては、女性の家を訪問したあとに男性の家を訪れるというのが一般的。

そこで今回は、女性の家に挨拶に行く時の男性の服装についてご紹介。

どんなに相手のご両親と仲がよいとしても、

やっぱりスーツがいいの?

スーツ以外だったら何を着たらいい?

といった疑問に詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

結婚の挨拶の場合は普段着はNG?鉄板のスーツスタイルを知りたい

greeting-men-clothes

挨拶に行くときの服装は、男性の印象を決定づける重要な要素となります。

やはり鉄板はスーツスタイル。

派手すぎず、シックで落ち着いた色合いを選ぶのがいいでしょう。グレー系、濃紺なら清潔感があって、きちんとした印象を与えられます。

中に合わせるシャツは無地を選ぶのが無難です。

白や水色など、さわやかで淡い色合いは顔色を明るく見せてくれるのでオススメ。

ネクタイも同系色で揃えるようにし、キャラクター物などはやめましょう。

またお宅にお邪魔するので、靴下にまで気が抜けません。

くれぐれも穴があいているような古い靴下は履いていかないように。スーツに合わせる靴も、目立つ汚れは落としておきましょう。

スーツ以外の私服で行くなら、どんな格好なら許される?

向こうから「スーツじゃなくて気軽な格好で来ていいよ」と言われるパターンもあるかもしれませんね。

では、スーツ以外の私服で行くときには、一体どういう服装がいいのでしょうか?

普段からご両親と仲がいいという場合でも、結婚の挨拶は「けじめ」の場。

ジーンズにパーカーといったようなあまりにもラフな格好は好ましくありません。

少しかっちりとしたジャケットを羽織ったり、無地の白いシャツを着るだけでも印象は変わります。

派手なアクセサリーはやめ、頭髪やヒゲにも気を配るように。

足下もスニーカーではなく、なるべくシンプルでフォーマルなタイプを選びたいですね。

スポンサーリンク

スーツ&カジュアル別、おすすめスタイル!

それでは、マナーの基本がわかった所で、実際のコーディネートを参考にしたい所ですよね。

ここでは、スーツスタイルとカジュアルスタイルを1つずつピックアップしてみました。

スーツスタイルのおすすめ

このようなシンプルなスーツなら、着る人を選びません。水色のシャツ+青系のネクタイを合わせればさわやかに。白のシャツ+黄・オレンジ系のネクタイを合わせれば明るいイメージになります。

また、シワになりにくい素材を選ぶことで、きちんとした印象を与えられるでしょう。

カジュアルスタイルのおすすめ

かっちりとしたジャケットを羽織るだけで、中がTシャツでもかっちりした印象になるもの。

黒、グレー、ネイビーの3色はどれも合わせやすい色でオススメ。

だるっと着るのではなく、あくまでピッタリ目のサイズを選びましょう。

下に履くものもジーンズなどカジュアルすぎるものではなく、ピッタリ目のチノパンなどがおすすめです。

【女性だったら挨拶時はどんな服装がいい?】

結婚挨拶で女性の服装:相手の両親に好印象を与える鉄板スタイルとは?


結婚の挨拶に着ていく服装は、

スーツなら落ち着いた色合いのもの

カジュアルならジャケットにチノパンなどを選ぶ

これが節度と清潔感がある、鉄板スタイルです。

シャツやネクタイも柄物ではなく爽やかな色を合わせ、あくまでも「けじめの場」である事を意識して、シンプルでフォーマル感のあるスタイルを心がけましょう。

また、うっかり見落としがちな

靴や靴下、アクセサリー、ヘアスタイル、髭

など全身にも気を配り、清潔感があり好印象を与える事を意識するのが大切ですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事に関してあなたの声をお聞かせください(ハンドルネーム可)

CAPTCHA


ブログランキングにも参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページの先頭へ