新婚旅行をハワイにした場合の予算を皆さんはご存知ですか?

できれば素敵な新婚旅行にしたいと願いますが……現実問題として気になるのはその費用。

さらに、お土産など現地でもお金は必要ですし、一体どれくらいを考えておけばいいのか分かりませんよね。

そこで今回は、ハワイで新婚旅行を迎えるために必要な金額をご紹介します!

スポンサーリンク

新婚旅行でハワイへ行く場合の予算の平均相場はどれくらい?

大手ブライダル雑誌ゼクシィ2016年の調査によると、海外への新婚旅行でかかる費用は、お土産代を除く新婚旅行費の全国平均は61.6万円です。

では実際に、ハワイを新婚旅行先にした場合の予算はどのくらいになるのでしょうか。

もちろん旅行プランなどによっても違ってきますが、ここでは宿泊日数やシーズンなどを例にいくつか相場を見ていきたいと思います。

プラン1:ハワイまで30万円以内で新婚旅行に行く場合

2泊4日や3泊5日のプランで、オフシーズンの時を狙えば2人で30万円以内の料金になります。

◆ハワイに30万円以内で新婚旅行に行くプラン例

(1日目)

・羽田発~ホノルル着

・ご自身でホテルへチェックイン(ホノルルオアフ島泊)

(2日目)

・自由行動(ホノルルオアフ島泊)

(3日目)

・ご自身でチェックアウト

・ご自身で空港まで移動

・ホノルル発~帰国(機内泊)

(4日目)

・羽田着~解散

自分でホテルまで行き、帰りも自分でチェックアウトを済ませてから空港に行かなければならないので、ちょっとだけ不便です。

料金が安いので、とりあえずハワイに行きたいという方向けのプランです。

プラン2:ハワイに50万円以内で新婚旅行に行く場合

3泊5日のプランが一般的で、二人合わせて50万以内になります。

◆ハワイに50万円以内で新婚旅行に行くプラン例

(1日目)

・成田発~ホノルル着

・空港~ワイキキへロイヤルハワイアンセンター内ツアーデスク

・各自チェックインシャトルにてホテルへ(ホノルルオアフ島泊)

(2,3日目)

・自由行動(ホノルルオアフ島泊)

(4日目)

・ホノルル~帰国(機内泊)

(5日目)

・成田着~解散

このような流れになっています。

2日間も自由行動があるので、時間に急かされることなく好きなプランでハワイを楽しめます!

旅行時期により、価格の変動やツアープランなども変わりますので、こまめに旅行会社をチェックしてみてくださいね!

(プラン例の参考:H.I.S.ハネムーン特集

新婚旅行と一緒にハワイでウェディングもするなら費用はいくらかかるのか

ハワイウエディングを挙げて、そのまま新婚旅行をしたい方もたくさんいらっしゃいますよね。

その場合、各旅行会社のウエディングプランを活用するのが最もベターです。

ここでも一例として、リゾートウエディング+現地パーティー+新婚旅行のプランをご紹介します!

◆ハワイウエディングの参考例

挙式日      2015年10月

挙式場      ザ・カハラ・オーシャン・ウエディング

同行者      両親・親戚・友人ら30名

現地パーティー  カハラリゾート&ホテル内「オ・ケ・カ・イ」

旅行日程     7日間

費用       2人で約250万円(挙式+パーティー+旅行の合計金額)

参列者の人数で金額は変わりますが、金額を見たところ意外とお得かもしれませんね。

ハワイで挙式を挙げる場合、日本で行われる結婚式とは形式が違い多少不安になるとは思いますが、形式に囚われない結婚式を挙げたい方にはおすすめです。

私の友人では、ハワイで二人だけの結婚式を挙げてから新婚旅行に行った人もいますが、とても自由で開放的だったと言っています。

堅苦しい形式がないので、事前にプランナーと話し合って計画すれば不安も簡単に取り除けますよ!

お土産代など現地で必要になるお金ってどれくらい?

料金の相場が分かったところで、次の問題は現地で必要なお金の相場ですよね。

現地で必要になるお金の用途は主に4つです。

ハワイの現地で必要になる費用①食事代

旅行プランには機内食以外は組み込まれていないことが多いので、現地での食事代が必要になります。

一人当たりにかかる食事代の相場は、ランチ10~15ドル、ディナー30ドル~です。

豪華な食事にすればするほど、金額は上がりますので何日間の滞在で、どのくらいの費用になるかを計算しておく必要があります。

また、チップが必要になる場合もありますので、少し高めの設定をしておくことをおすすめします。

とはいえ、高額なお金を持ち歩くと金銭トラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

ハワイの現地で必要になる費用②交通費

無料のシャトルバスサービスがあれば大きな金額は必要ありませんが、移動には交通費がかかります。

観光場所によって金額が違いますので、少し多めに考えておくことをおすすめします。

ハワイの現地で必要になる費用③オプショナルツアー料金

オプショナルツアーの申し込みが必要な旅行プランもありますので、その場合は別途金額がかかります。

どのプランに申し込みをしたのか、どのくらいの金額になるかを把握しておく必要があります。

ハワイの現地で必要になる費用⑤お土産代

恐らく、お土産代が一番把握しにくいのではないでしょうか。

どのくらいの人数で、一人当たりいくらくらいになるかを把握するのはとても難しいですよね。

お土産の平均相場は10万円前後と言われていますが、ハワイは物価が高いので必要以上の物を購入するととんでもない金額に。

お土産を買う時は、どのくらいの個数が必要なのかを把握してからの購入にして下さい。

また、基本的にお土産屋さんは金額が高めの設定をしていますので、近場にスーパーなどがあれば、そちらを利用するのもおすすめですよ。


全体的に物価の高いハワイでは、きちんと計画を立てなければお土産代を除いても10万円を超えることもあります。

できるだけ金額を抑えるのか、それともせっかくの旅行なのだからと奮発するのかは人によって違いますよね。

スポンサーリンク

出来るだけハワイへ安く新婚旅行に行くためのコツ

安い金額でハワイ旅行に行きたい! と、言うのは恐らく誰もが思うことです。

旅行会社のホームページを見ると、同じツアープランでも金額が「10万円~30万円」という表示の仕方をしていますよね。

これは、旅行時期によって金額が左右される為、このような表示になっています。

ハワイ旅行の場合は、GWやシルバーウィークのような連休や7月~9月頃の旅行プランは金額が上がります。

時期によって倍以上の値段差になるなんてのも珍しくありません。

物価も高いのに、旅行費用まで倍になったらとんでもない出費になります。

では、一番安い時期とはどのあたりなのでしょうか。

それは、以下の3つのポイントが目安です。

◆ハワイ旅行が安い時期を探す3つのポイント

・4月の春休み明け~ゴールデンウィーク前

・ゴールデンウィーク明け直後~7月中旬の夏休みが始まる前

・日本発を「月曜・火曜・水曜の便」にして、ハワイ発を「土日以外の便」にする

このいずれかを狙って新婚旅行を組めば、金額を最小限に押さえることができます。

旅行のベストシーズンを逃すのは少しもったいないような気もしますが、参加するイベントに応じて旅行を計画するのもおすすめです。

どんな旅行にして、どのくらいの費用で旅行を楽しむのかは人それぞれなので、計画は入念にして下さいね!


せっかくの新婚旅行なので奮発したい気持ちと、現実的に考えてしまう気持ちが重なり合ってしまい、ちょっと大変ですよね。

しかし、新婚旅行に行った友人たちのお話を聞くと、どの人も幸せそうな顔でお話を聞かせてくれます。

どの人も納得のいく旅行プランで新婚旅行を迎えているので、みなさんも素敵な新婚旅行の計画を立ててくださいね!