一生に一度の結婚式だからこそ、誰よりもキレイな花嫁になりたい!ですよね。

当日はプロのヘアメイクさんにお願いするからいいものの。

どんな髪型をオーダーすればいい?

当日までにお肌のケアはどんなことをしておけば安心?

などなど、当日最高の一日を過ごすために、知っておきたい花嫁メイクに関することについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

花嫁メイクのオーダーで失敗しないポイント!

bride-makeup

結婚式の打ち合わせの中に、ヘアメイクさんと当日の髪型やメイクについてのスケジュールも組み込まれているのが一般的です。

資料や写真を見せてもらいながら、ベースとなるヘアメイクを見せてもらいますが、おそらくイメージがわかないでしょう。

まずは、細かい所は考えず、花嫁衣装に身を包んだ自分の姿が、

「大人っぽい」

「かわいらしい」

「エレガント」

といった、どんな雰囲気がいいのかをキーワードでヘアメイクさんに伝えましょう。

自分が「こうなりたい」とイメージさえ伝えられれば、ヘアメイクさんからの提案も次第に的をえるようになってきます。

なりたい雰囲気の女優さんを伝えたり、写真や雑誌の切抜きを持っていく

これもまた、いい方法ですね。

「アイラインは自然に入れて欲しい。」「アイシャドウはブラウン系で」など、元々こだわりポイントが自分の中ではっきりある方は、そのポイントから全体のヘアメイクを広げていけばOK。

仮にこだわりがなくても、コンプレックスに感じている部分は誰しもありますよね?

こうしたコンプレックスが解消されれば、満足のいくヘアメイクにかなり近づいてきます。

さらに失敗しないポイントを詳しくまとめましたのこちらもご参考ください。

結婚式前日に気をつけておきたい肌ケアやお手入れ

前日までに必ずすませておきたいこと

前日までの準備としては、

お顔のシェービングですね。

産毛をそることで化粧ノリがよくなりますし、肌がワントーン明るく見えるので、シェービングは必須です。

自分でケアすることも出来ますが、剃るのが難しい箇所を剃り残したり、誤って肌を傷つけてしまったりする可能性があります。

そのため、普段から自分でシェービングして慣れているという方以外は、理容室やサロンなどでお願いするほうがよいでしょう。

この機会に全身脱毛をされるという方は、顔のケアも含まれているプランを利用するのもいいですね。

ただ、シェービング直後の肌、とくに顔は古い角質が落とされて肌のバリア機能が弱まることもあり、思わぬ肌トラブルを起こすこともあります。

そのため、

必ず余裕があるタイミングで一度シェービングをし、トラブルが出ないことを確認すること

これはかなり大事なポイントとなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

問題なければ、挙式3日前ぐらいにシェービングをするのがようにすれば当日は完璧です。

スポンサーリンク

前日に必ずしておきたい肌ケア

前日の肌ケアは、徹底的に保湿です。

ローションパックやシートマスクなどで、これでもか!というほど、しっかり肌を潤しましょう。

思わぬトラブルを避けるため、保湿系の美容液や化粧水などを使うときには、初めて使うものは避けましょう。

事前に使ってみて、赤みや肌荒れを起こさないことを確認しておく慎重さは、当日最高の状態を迎えるために怠りなく!

さらに、美は内側からも作られますので、睡眠不足は肌荒れやクマの原因となるので絶対に避けましょう。

カフェインや油っぽい食事を控え、ビタミンCやコラーゲンを摂るよう心がけると良いでしょう。

結婚式のメイクを自分でしたいというあなたへ

スポットライトを浴びたり、アップの写真が残ったりするので、結婚式のメイクはプロにお願いするのが間違いないですが、

式場の美容師さんによっては、メイクはご自分でして頂いてもOKという所は結構多いです。

もし、ご自分でメイクをする場合には、

必ず抑えておきたいポイントがベースメイクです。

朝早くから二次会、三次会まで、長時間崩れたりテカったりしないよう、かなりしっかりとベースメイクをする必要があります。

いくらナチュラルメイクが好みだとしても、ベースメイクだけは決して怠ってはいけないというほど大事です。

その上で、素肌感を出したい場合には、ファンデーションの厚塗りで色ムラやニキビ跡などを隠すのではなく、

コンシーラーでカバーをして、ファンデーションは素肌感を残す程度にした方が肌がキレイに見えます。

逆にアイメイクやチークは濃すぎると下品な印象になってしまうので、

普段はしっかり目に塗っている場合でも結婚式では控えめにした方全体的なバランスはよいでしょう。

自分でメイクをする場合にこそ、事前にヘアメイクさんにメイクのアドバイスを聞いたり、写真に写ったときにどう見えるかをしっかりチェックしておきましょう。


メイクで印象ががらりと変わるこそ、なりたい雰囲気に近づけるようしっかりとイメージしておきたいですね。

事前にヘアメイクリハーサルが出来る場合には、ドレスや小物の写真なども持参して限りなく本番に近い形で望みましょう。

リハーサルは時間的に余裕があるので、試してみたいメイクや、メイクして気になった部分など、気づいたことはどんどん伝えるようにしましょう。

結婚式の準備で忙しいと思いますが、日々のスキンケアや、たっぷり睡眠をとるなどお肌のケアも忘れずに。

当日に肌を最高の状態にして、一生に一度の思い出を悔いの残らないように万全の体制で望んでくださいね!