結婚式は、まず日取りを決めないと前に進みません。

結婚式にふさわしい日、逆にこの日はダメであれば知っておきたい

予約が取りにくい時期や費用が安いシーズンはいつなの?

今回はこのような疑問を解消しながら結婚式の日取りの決め方についてポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚式の日取りで気になる「六曜」とは?

fix-the-date-2016

あまりこだわらなくなったとはいえ、結婚式などの祝い事では未だ気にする人が多い「六曜(ろくよう、りくよう)

六曜とは、一日ごとの吉凶を古代中国の陰陽五行説にもとづいて占ったものです。

太陰暦に代わって、太陽暦が採用された明治時代以後は「七曜」と区別して「六輝(ろっき)」とも呼ばれるようになりました。

日本に伝わったのは、14世紀の鎌倉時代末期と言われますが、その後幕末までの間、一般庶民の間にはほとんど広がりませんでした。

一般に広まったのは明治時代に入ってからで、実はその歴史は100年ちょっとなのです。

そんな六曜ですが、私たちに馴染みなのはカレンダーに記載されている、以下の6つの言葉ではないでしょうか?

一般的に結婚式で良い順とされるものから、それぞれの意味も合わせて見ていきましょう。

大安

「何事もうまくいく」とされる日。午前と午後のどちらでも吉とされています。

縁起が良い日ですので、大安は結婚式をする人が非常に多いです。


友引

勝負事において引き分けとなる日としての意味が本来にはありますが、

「引き寄せる」意味として、結婚式では人気がある日とされています。

また、「引」をかけて引出物を発送する日として縁起を担ぐ方も多いですね。


先勝

午前中は吉、午後は凶とされている日です。

「先んずれば勝つ」という意味で急ぐことが良いとされます。

「勝」という元を担いで、敢えて先勝に結婚式をする方も少なくありません。


先負

午前中は凶、午後は吉で何ごとも控えめにして静かに待つのがよいとされる日。

「先勝」とは逆で、何事も急ぐのは良くないとされています。

そのため、仏滅についで結婚式の日取りとしては避けられるのが先負


赤口

正午のみ吉とされ結婚式に良い日とは言えませんが、

赤口をあえて選ぶなら午前11時くらいから式がはじまるようにするといいですね。


仏滅

すべて凶。仏も滅するような最悪の日という意味です。

古くは「物滅」と表記していて、仏教とは関係ありません。

六曜を特に気にしないという方でも仏滅だけは避けられがちですよね。

そのため、式場によっては仏滅の料金を安く設定したりするところもあります。

スポンサーリンク

結婚式の繁忙期と閑散期について知ろう

結婚式も年間通じて繁忙期と閑散期があります。

そうした期間によって予約の取りやすさや費用面はどう変わってくるのでしょうか。

結婚式で予約が取りやすい時期・取りにくい時期

シーズン別に見てみると、結婚式で人気があるのは

気候のよい3~5月(春)と、9~11月(秋)です。

このシーズンの大安に当たる日は、早くから予約が埋まり、取りにくい状況です。

また、年間を通じて6月は「ジューンブライド」という結婚式の象徴とも呼べる期間。

ただし、日本では梅雨の時期になり、晴天の結婚式になるかは運を天に任せなければならないというデメリットもあることは確かです。

一方、寒さが厳しい2月、暑さの厳しい時期である8月、年末年始の12月~1月上旬は一年を通じて比較的予定を組みやすい時期と言われています。

そのため、1、2、8、12月には費用面でお得なプランが用意されていたり、日程に余裕もあるので、直前になってから式場予約をすることも可能です。

また、ゲストのことを考えればNGともいえるゴールデンウィークやお盆休みなどの大型連休ですが、

身内だけで帰省に絡めて行う場合や仕事の業種によって休みが変則の場合など予約は比較的取りやすいので、状況次第では穴場の時期と言えます。

シーズンや日取りによる価格の違い

結婚式の価格を高く設定している時期といえば、やはり需要が最も高い「ジューンブライド」の6月。

とはいえ、決して値段が著しく高くなるというわけではなく、各種割引がないという見方の方が正しいですね。

オフシーズンや平日限定プラン、仏滅には「仏滅プラン」といったような割引きプランによって、

「ハイシーズンや人気のある日取りよりどれだけ安くなるか」

という点を式場側は全面に押し出しているという認識で、価格を比較しながら最終的な日取りを決めていくのがベターです。


2000年から開始されたハッピーマンデー制度で年間を通じて3連休も多くなりました。

結婚式を挙げる側からすると、ゲストのことを考えると、逆に日程が組みにくいなと思ってしまいますよね。

3連休に結婚式を組むのであれば、できるだけ他の予定が入れやすいよう初日を選ぶといいでしょう。

このように結婚式の日取りを決めるうえでは

●縁起を担いだ六曜

●家族や仕事上の都合

●ガーデンウェディングなど、あなたが希望する結婚式の演出

などなど、考えはじめるとなかなか大変です。

そんな時は原点に戻って、

「あなた方の結婚を多くのゲストに祝福してもらう」

という気持ちで日取りを選ぶように調整してみてはいかがでしょうか?

また早めに動くほど、希望の日程を取れることは間違いありませんので、下見も含めて余裕を持ったスケジューリングをしていきましょう。