気が付くと背中にニキビができていた・・・普段ならまだしも結婚式当日でそれはアリえない!

ウエディングドレスを着る女性にとって、隠したくとも隠せないのが背中ですよね。

そこで、結婚式当日に背中ニキビで台無しにならないよう、背中ニキビになる原因を3つまとめました。

結婚式の日取りが決まったら、ぜひ予防線をはっていきましょう。

スポンサーリンク

背中ニキビの原因①食べ物

背中ニキビの原因のひとつには、食べ物が関係していると言われています。

主に男性ホルモンの分泌を促してしまう食べ物が背中ニキビの原因と言われていますが、具体的にどんな食べ物が背中ニキビの原因となってしまうのでしょうか?

男性ホルモンの分泌を促す食べ物

男性ホルモンを促す食べ物を多く摂取してしまうと、背中にニキビができてしまうと言われています。

でも、男性ホルモンを促す食べ物ってどんなものなのかわかりませんよね。

じつは、男性ホルモンを促す食べ物は「GI食品」と言われているもので、主に食パンやうどんやお餅などがGI値の高い食べ物として有名です。

このGI食品を多く摂取してしまうと、男性ホルモンが多く分泌されてしまうことで皮脂の過剰分泌になってしまい、背中にニキビができてしまう原因になってしまう可能性があります。

そのため、GI食品を中心に食事を行うのではなく、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれている緑黄色野菜を中心とした食事の改善が背中ニキビを予防する1つの考え方となっています。

皮脂の過剰分泌を促す食べ物

皮脂の過剰分泌は、背中のニキビだけではなく、肌のトラブルにつながる可能性もあると言われています。

でも、皮脂の過剰分泌を促す食べ物ってどんなものなのでしょうか?

皮脂の過剰分泌を促してしまう食べ物は、動物性の脂や糖分のほか、ジャンクフードやスナック菓子などと言われています。

女性の場合には、ちょっと甘いものが食べたいな・・・なんて思ってケーキを食べることもありますが、じつは頻繁にケーキを食べていると、体質によっては皮脂の過剰分泌になってしまい、ニキビや肌トラブルになってしまう場合もあるのです。

せめて、結婚式前だけでも甘いものやスナック菓子、ファーストフードは控えるようするのも予防策の1つと言えるでしょう。

刺激の強い食べ物は背中ニキビにNG?

刺激の強い食べ物も背中ニキビの原因になる可能性があると言われています。

刺激の強い食べ物と言えば、なんとなく想像するのが唐辛子ですよね。

この唐辛子などの香辛料は、過剰に摂取してしまうと皮脂腺を刺激してしまい、皮脂の過剰分泌を起こしてしまう場合もあると言われています。

そのため、辛いものが大好きという場合でも、結婚式前は激辛系の食べ物は控えた方が良さそうですね。

アルコールも背中ニキビの原因になる?

じつは、香辛料と一緒でアルコールも皮脂腺を刺激してしまうため、背中のニキビが気になる場合には飲むのを控えたほうが良いと言われています。

お酒が好きな人にはとっても残念ですよね。

でも、なんでアルコールが皮脂腺を刺激してしまうのでしょうか?

じつはこれ、毛細血管が拡張しているからなのです。

毛細血管が拡張することで、皮脂腺を刺激してしまうため皮脂の過剰分泌が起こり、人によってはアルコールを飲むと顔にテカリが出る場合もあるようです。

また、お酒の種類によっては糖分が多く含まれているものもありますし、おつまみも脂っこいものになってしまいがちのため、ニキビの原因になってしまう可能性があると言われています。

カフェインが含まれている場合にも注意が必要?

カフェインが含まれているものも、じつはニキビの原因になる場合があります。

カフェインが含まれているものと言えば、コーヒーや紅茶が代表的ですが、このカフェインがどうしてニキビの原因になると言われているのでしょうか?

じつはカフェインは野菜などの食べ物に含まれているビタミンBの吸収を邪魔してしまう作用があり、これによって肌が定期的に生まれ変わるターンオーバーの周期を乱してしまう可能性があるのです。

ターンオーバーが正常に行われないと、ニキビの原因だけでなく肌のトラブルになってしまう可能性もあるので、カフェインの含まれているものを過剰に摂取するのは控えるのが無難と言えそうです。

背中ニキビの原因②環境的なもの

環境が原因で背中のニキビになってしまう場合もあると言われています。

でも、環境とひとことで言ってもたくさんありますので、具体的にどんな環境がニキビの原因になっているのかわかりませんよね。

そこで、ニキビの原因になっている可能性のある環境についても解説していきます。

春先はニキビができやすい!?

春はニキビができやすいなんて話を聞いたことはありませんか?

じつは季節の変わり目は「ゆらぎ肌」と呼ばれることもあり、肌が敏感になってしまう場合が多いのです。

ニキビの場合にはとくに春先にニキビが多くなってしまったという肌トラブルに悩む場合が多く、いままでニキビに悩んでいなかったのに急にニキビになったという場合もあると言われています。

その理由は、春先の生活環境の変化が関係しているからではないかと言われています。

春は新しい生活が始まる季節で、就職や進学に伴う引っ越しなどの様々な環境の変化がありますよね。

この環境の変化によってストレスや、生活習慣の乱れによってニキビができやすくなってしまうのではないかと言われています。

ストレスでニキビができるって本当?

ストレスが原因でニキビができる場合もあると言われています。

でも、なんでストレスが原因でニキビができるのでしょうか?

じつは、ストレスが多く溜まると男性ホルモンが多く分泌されてしまい、皮脂の過剰分泌につながってしまう場合があると言われています。

ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌と皮脂詰まりと言われているため、男性ホルモンが多く分泌されてしまうとニキビになりやすい肌になってしまう可能性があるのです。

そのため、ストレスはため込まずに定期的に発散させる必要があると言われているのです。

生活習慣の乱れはニキビの原因になるの?

生活習慣の乱れからニキビになってしまう場合もあると言われています。

でも、生活習慣の乱れって具体的にどんなことなのか気になりますよね。

ニキビの原因になると言われている生活習慣の乱れは、睡眠不足や栄養バランスの崩れが主な原因だと言われています。

睡眠不足になると、肌のターンオーバーが乱れてしまい古い角質がうまく剥がれ落ちなくなってしまうため、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまう原因だと考えられます。

皮脂が詰まることでニキビになると言われているため、できるだけ睡眠不足にならないように規則正しい生活を心掛ける必要があります。

また、栄養バランスが崩れていると肌に充分な栄養が届かなくなってしまうため、ニキビの原因になっていると考えられています。

そのため、生野菜を中心としたバランスの取れた食事を摂取していくことが、ニキビの予防につながると言われているのです。

お風呂の入り方にも注意が必要

お風呂の入り方の手順を間違えている場合も、背中のニキビの原因になっている可能性があると言われています。

でも、お風呂の入り方の手順なんてあるの?と疑問に思いますよね。

結論から言いますと、お風呂の入り方の手順によって背中のニキビを予防できると言われています。

シャンプーやトリートメント、コンディショナーなどが背中に残っている場合、皮脂詰まりの原因となってしまうため、背中のニキビになりやすいと言われているのです。

そのため、お風呂に入ったらまずはシャンプーやトリートメントを済ませて、今度は体をしっかりと洗うのがおすすめです。

一番最後に洗顔を行うと、顔のニキビを予防できるとも言われていますよ。

腸内環境が原因の可能性も

女性の多くが便秘になりやすいと言われていますが、腸内環境が悪くなってしまい便秘になっていることがニキビの原因になっているとも言われています。

これは、便秘によって体中にたくさんの悪影響を及ぼしてしまうことが原因だと考えられています。

また、便秘になると皮膚の細胞を活性化させるための菌が少なくなってしまうため、ビタミンの供給が少なることが原因でニキビになりやすくなるとも考えられているのです。

女性の場合には月経の関係で便秘になりやすくなっているため、普段から便秘にならないように注意することがニキビの予防につながると言われています。

そのため、普段から規則正しい生活を身に着けて、できるだけ便秘にならないように注意することが大切ですね。

背中ニキビの原因②別の病気が疑われるもの

背中のニキビができてしまう原因はわかりましたが、じつはニキビだと思っていても別の病気だった・・・なんていう場合もあると言われています。

ニキビに似ているものに

・マラセチア毛包炎

・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

この2つがあり、ニキビに似ているため最初はニキビ以外の病気だとわかりにくいと言われています。

では、この2つの病気について見ていきましょう。

ニキビに似ているマラセチア毛包炎とは

マラセチア毛包炎という病名は、ニキビよりも知名度が低く、あまり知られていないと言われています。

このマラセチア毛包炎の特徴は、

  • 光沢と赤みのある湿疹
  • ニキビよりも小さめ
  • ニキビケアを行っていても改善されない
  • 人によって異なるがかゆみを伴う場合がある
  • 夏場に多く胸・背中・腕・肩に発症する

このような5つの特徴があると言われています。

このマラセチア毛包炎になってしまう原因は、ニキビとは違うカビの一種である5種類のカビ菌が異常に繁殖してしまい炎症を起こしているか、皮膚が皮脂を分解したときに炎症を起こしてしまっていると言われています。

ただ、素人判断ではちょっとニキビなのかマラセチア毛包炎なのかわかりにくいため、ニキビが長く続くようでしたら皮膚科を受診して、治療を受けるのがおすすめですよ。

毛孔性苔癬とは

この毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)もニキビに似ている病気のひとつです。

この毛孔性苔癬の特徴は、

  • かゆみのないブツブツ
  • ニキビに似ているため見分けがつかない
  • 背中だけでなく全身に起こる可能性がある

この3つが、毛孔性苔癬の主な特徴になります。

この毛孔性苔癬は遺伝の可能性や、ターンオーバーが正常に行われずに古い角質が溜まってしまうことが原因だと言われていて、主に10~30代の男女に起こる傾向があるというのが医師の見解です。

ただ、マラセチア毛包炎とはちがいセルフケアで改善することも可能だと言われています。

できるだけ患部を清潔にして、ローションやクリームなどを使って肌を保湿することが有効だと言われています。

また、入浴時に石鹸の流し残しがないように注意することで、予防や改善ができると言われています。

【背中ニキビができてしまったらこちらを即効チェック】

背中にできるニキビは自分でケアするのが難しいですし、発見が遅くなってしまう場合もあるため、一度なってしまうと厄介です。

とくに結婚式が決まっている女性は背中を綺麗に見せざるを得ない日が決まっているので、できるだけニキビができないように早めに予防しておく事が肝心です。

その際は、ニキビのケアは体の外側だけでなく、食べ物や生活習慣など内側から行うことも意識するようにしましょう。