節約の為に席次表などのペーパー類は自分達で作ったという、ハワイさん。

作成には予想外に時間も労力もかかり、業者に頼んだ方が良かったと後悔したそうです。

準備の大変さと、失敗しない為のアドバイスなどを語ってくれましたので、ぜひご覧ください。

  • お名前:ハワイ(女性・31歳・主婦)
  • お住い:福岡県北九州市
  • 入籍日:2014年5月2日
  • 結婚式:2014年11月2日
  • 結婚式(披露宴)をした場所:アーフェリーク迎賓館
  • 結婚式のスタイル:人前式
  • 披露宴:103名
  • 最も大変だったこと:各種マナーに関すること(招待状、席次表、受付やスピーチ依頼、それらのお礼など)
スポンサーリンク

節約の為に席次表を手作りした事が、とにかく大変で後悔した

席次表の作成が1番大変でした。

費用節約のため、自分たちでペーパー類を作ろうと決め、作業に取り掛かりました。

席次表は、

・全員の名前の間違いがないか

・新郎新婦との関係性を考えたテーブルの座席や並び

と、決める事や確認が多くものすごく時間がかかりました。

下書きも何度も書き変えいざパソコンで作ろうと思ったら、色々な問題に直面しました。

テーブルの大きさを揃えたり、この配置だと紙に収まらなかったり、名前や関係性の横並びを揃えたりなど、たくさんのチェックがありました。

担当のプランナーさんに何度もチェックしていただきましたが、それらの微調整で何度も何度もやり直しをし、本当に嫌になりました。

これは業者さんに頼むべきだったと何度も後悔しました。

でも、招待状、席札、席次表、メニュー表のペーパー種類を揃えていたため後には引けず、寝る間を惜しんで作成しました。

今思い出しても嫌気がするほど、これは本当に大変でした。

検索したマニュアルを参考にし、プランナーさんのアドバイスをもらいながら作成

友達の結婚式の席次表を参考にしたり、ゼクシィやメロンのサイトからペーパー類を取り扱う会社を探したり、それらの会社のホームページから検索したりしました。

たくさんの席次表の作りを見て、どこに目上の人を置くのか、自分たちの家族の並びなどいろいろと勉強しました。

席次表などのペーパー類を注文したファルベという会社が作ったマニュアルのサイトがあったのでそちらのテンプレートも参考にしました。

そのサイトの中にあるテンプレートの席次表で、自分たちの結婚式のゲスト数と似ている形のものを使って、少しずつ修正していきました。

結婚式のゲスト数がテンプレートのマニュアルより多かったので、フォントを小さくしたりテーブルの大きさを小さくしたりと微調整が大変でした。

でも、それをやらなければ全員分が入らなかったのでその調整が大変時間がかかりました。

ある程度作成した後、担当のプランナーさんに目を通していただいて、アドバイスをもらったりしました。

結局の所、

結婚式の準備を沢山見てきて、やり方など1番詳しく分かっているのはプランナーさん

なので相談などはプランナーさんにするのが1番だと思います。

しかし、席次表の作成は本当に大変だったので、これは自分たちで手作りするよりも専門の業者さんに注文する方がいいと思います。

その分の時間を他にもたくさん決めなければいけないことがあるので、そちらに回した方がいいと思います。

スポンサーリンク

2次回の打ち合わせを、幹事としっかりやっておけば良かったと後悔

2次会の内容をしっかり考えていなかったので、計画と幹事との打ち合わせをしっかりしておけばよかったなと思いました。

新郎新婦は、どうしても2次会には遅れて到着してしまいます。

それまでの繋ぎを幹事があまり考えてなく、結婚式で使ったプロフィールビデオとエンディングロールをひたすら流していたそうです。

到着した頃には残り1時間しかお店が使えず、景品をたくさん準備していたので簡単に当たるゲームをしてさっさと配る事で忙しかったです。

2次会もみんなで楽しめるようしっかり計画することが大事だと思います。

【悩み別で体験談はこちらにまとめています】

感謝の気持ちを伝えられ、みんなが楽しめた事が良かった

結婚式をしてよかったと思う点は、みんなに祝福してもらったことと、両親にドレス姿を見せられた事です。

それからゲストにも両親にもお世話になった方たちに改めて、感謝を伝えられた事です。

新郎側や新婦側、それぞれの友人たちが知り合い、みんなで一緒に楽しむ事ができてよかったなと思います。

結婚式では絶対に泣かないと思っていましたが、結局感動して2人して泣いていました。

今思い返しても結婚式はやってよかったと思います。