結婚式の服装で大失敗!初めての出席でマナーの間違いだらけを痛感

友人の結婚式に初めて参加したというhanaちゃん。

服装に関してとにかく大失敗ばかりで恥ずかしい思いをしたようですが、その失敗談を詳しくお聞きしました。

非常に参考になる話なので、ぜひ最後まで御覧ください。

  • お名前:hanaちゃん(女性・20代・会社員)
  • お住い:東京都練馬区
  • 結婚式に参加された日:2018年4月28日
  • 新郎または新婦との関係:友人として出席
  • 悩み:服装・コーデのセレクトやマナー

スポンサーリンク

初めて結婚式に参加して服装のマナーに大失敗

初めての結婚式で、何を着ていけばよいものか大変に悩みました。

悩んだ末、兄弟がもっているドレスを借りることにしたのですが、アクセアサリーの種類や小物の色、髪形など結婚式にはマナーがたくさんあり、当日までに準備が間に合わず。

インターネットで調べたつもりでしたが、まさかそんなことがあるとはといったようなミスを当日連発してしまったのです。

不安な思いで会場に向かったところ、さっそく困ったことが。

式から参加する時は、腕を出してはいけないと知らず、袖のないドレスになにも羽織がない状態で参加してしまったのです。

おまけにアクセサリーはパールのものが望ましいことも知らず、終始恥ずかしい思いをすることに。

幸いにも迷ってカチューシャは避けていたのですが、カチューシャも望ましくないということも後から知りました。

ドレスと小物とアクセサリーのバランスや色味を考えることに手がいっぱいだった私ですが、心の底からもう少し早めに準備しておけばよかったと大いに反省しました。

失敗から学んだこれから参加する人へのアドバイス

髪形、服装、それぞれをインターネットで調べました。

実際には当日までに調べきれなかったので、後から調べ直したという感じですが、結婚式は守らなくてはならないマナーがたいへん多いため、一つ一つジャンルごとに調べたほうが良いと思います。

ヘアカタログだけを見ていると確かにかわいい髪形などを見つけることが出来るのですが、必ずしも結婚式に望ましい髪形ではないこともあるため、いつも通っている美容師さんに相談をするなどはしっかりした方がよいです。

特に今回私が完全に抜けていたのは、当たり前なのですがあくまでも主役は花嫁であることでした。

また、わたしは兄弟のドレスを結局借りることにしましたが、ドレスのレンタルや通販での購入は思ったより時間がかかることがあります。

当日までに間に合わないなんてことにならないようにゆとりをもってコーディネートを決めておくべきだなと思いました。

また、当日もヘアセットをお願いした美容院で思ったより時間がかかってしまったことで式にゆとりをもって向かえなかったことがあります。

ヘアセットの内容によってかかる時間はまちまちであるため、予約時間もゆとりをもった時間にすることが大切です。

スポンサーリンク

結婚式にプラスアルファで準備した方がよいもの

今回マナーに関しては大失敗した私ですが、こういった物もあったら良いなという収穫もいくつかありました。

例えば、式場にクロークや着替える場所があるのであれば、着替えや歩きやすい靴を持っていくべきだと思いました。

その理由は、意外と披露宴から二次会までは時間が空いているからです。

とにかく結婚式用のドレスや靴は慣れないもので疲れやすいので、着替えや靴があると汚れ防止にもなり、疲れの度合いも違うと感じました。

それから、二次会だけでも季節に関わらず羽織物は持っていくべきですね。

また、荷物は預けられるので大きめのかばんとドレス用の小さなかばん二つ持っていき、備えられるものには備えるべきです。

どうしても自分のおしゃれにばかり気が向いてしまいがちですが、こうした機能性という所も結婚式では大事だなと思いました。

まとめ

初めての結婚式はわからないことばかりですよね。

今回大失敗した彼女も失敗したから知った、覚えたことがたくさんあったことがよくわかりました。

せっかく身をもって教えていただきましたので、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事に関してあなたの声をお聞かせください(ハンドルネーム可)

CAPTCHA


ブログランキングにも参加しています!

このページの先頭へ