結婚式のブーケを手作りしたいと思うあなたが知りたい相場や作り方

ウェディングドレスでの結婚式に欠かせないのは、華やかなブーケです。

ブーケは式場からレンタルすることもできるし、ネットで購入することも可能。

でも、せっかくだから手作りしたい!

という、あなたと同じ考え方をお持ちの方は非常に多いです。

そこで今回は、ブーケを手作りしたい方に役立つ情報を詳しくご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ブーケはレンタル?購入?手作り?かかる費用の徹底比較!

bouquet-handmade

「ウェディングブーケ」には大きく分けて、生花と造花の2種類があります。

式場で手配されるブーケの多くは生花のブーケで、生花の場合レンタルはありません。

一方、造花の場合は「オーダー、既製品を購入、レンタル」と選択することが可能です。

造花のブーケは、結婚式後に保存できるというメリットがありますね。

費用としては一般的には式場で手配するよりも、自分で用意するほうがリーズナブルですが、

式場によっては持込料がかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

まとめると以下のようになります。

式場でブーケを手配する場合

相場は、生花で3万~5万、造花は2万程度

費用面では、マージンが発生し自分で用意するよりは高くなってしまうことも。

当日の持込や保管などを式場側で手配してくれるので、デリケートな生花のブーケの扱いも安心出来ます。

専門店やネットなどで購入する場合

相場は、生花1万~3万、造花5,000円~2万円程度

式場提携の業者に縛られないので、自分の好みやこだわりのブーケを探すことが出来ます。

ただし、ネットで購入する場合には、

届いてみたら思っていたイメージと全然違っていた

ということもあるので、到着が直前にならないよう時間には余裕をもって注文しましょう。

式場によっては、持込が出来ない、持込料がかかる場合があります。

手作りのブーケの場合はどうなるか?

では、本題の手作りブーケの場合はどうでしょうか?

相場は、レンタルやネットよりも安く5,000円~1万円程度で収まります。

ただ、生花の場合は花材の持ちを考慮すると前日に作らなければならないので、花嫁本人が作るのは時間的に難しいです。

造花のブーケは時間に余裕のあるときに少しずつ作ることが出来ますが、初めて作る人がひとりで作るのはかなり大変です。

独学ではなく、ブーケ教室に通ってプロに教えてもらいながら作るのが、出来栄えも考えると懸命ですね。

また、手作りで作る場合は、

以下でご紹介しているような手作りキットを使えば、必要な花材がすべて揃っているのでおすすめです。

手作りブーケキットのおすすめ2選

リーズナブルなアートフラワーのブーケ

小ぶりでかわいらしいブーケ、ブーケトス用にもオススメです。

淡い色あいなので、白ドレスはもちろん、様々な色のカラードレスに合わせられます。

お手ごろな値段なので、初心者さんでも気軽にチャレンジしやすいのではないでしょうか。

珍しいターコイズブルーのブーケ

造花ならではの鮮やかなブルーのお花を使ったブーケです。鳥の羽がアクセントというのも個性的。

花嫁さんにとって縁起の良い「サムシングブルー」にちなんで、ブルーのブーケというのも素敵ですね。

手作りブーケの1から基本的な作り方

このように手作りキットを利用すれば、比較的に簡単に作ることができますが、

そうはいっても完全オリジナルでブーケを作りたいというあなたの気持ちもわかります。

そこで、基本的な手作りブーケの作り方がありましたので、ご紹介したいと思います。

こちらは造花で手作りブーケを作る場合の基本的な手順がまとめられています。

<必要なもの>

メインとなるお花、サブのお花や、グリーン

フローラルテープ

アートフラワー用のワイヤー

ワイヤーが切れるハサミ

<作り方>

①複数の花がついているものは、花が一本ずつになるよう切り分けます。

②下のほうの葉を取り除きます。

③葉やグリーンを短め目に切ってワイヤーをかけます(ワイヤリング)。

④中心にしたいお花から組んでいきます

⑤花束をフローラルテープで巻きます。

⑥③でワイヤリングしたワイヤー部分をフローラルテープで巻いていきます。

⑦花束の外側にグリーンを足して、形を整えます。

動画では花束用のラッピングペーパーを使っていますが、ウェディングブーケの場合は、チュール生地を使ってもよいでしょう。

また、持ち手の部分はリボンでまいて、茎を隠すようにするとキレイに仕上がります。

垂れさがるようにリボンを飾っても華やかですね。

まずは、こうした基本的な手作りブーケをマスターして、あなたオリジナルのアレンジを加えてくださいね。


手作りとなると、確かに少し大変にはなりますが、

作る時間も思い出に残りますし、自分で作ったブーケは思い入れもひとしおです。

会場やドレスのイメージに合わせたブーケにこだわるなら、ぜひ手作りブーケにチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事に関してあなたの声をお聞かせください(ハンドルネーム可)

CAPTCHA


ブログランキングにも参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページの先頭へ